プロフィール

チー

Author:チー
海が大好き! 海は大きな宇宙!
そこに暮らすサカナや様々な生き物たちから、たくさんのことを教わっています。
あれこれ失敗はするけれど、毎日は楽しいことだらけです(^;^)

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

DS リンク

応援してます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見えた!

パイナップルウミウシ
パイナップルウミウシ 八丈島

名前から想像すると もっと派手な(?)イメージですが
この個体は 岩に溶け込んでしまいそうな
地味な 色合いをしていました

ここに居るよと指されても はて?
何処ですか?と 頭をかしげてしまうほどです
上手く 撮れるかなぁ。。。
そこで 真上を向いて 1ショット!

エヘ^^ 触覚も 鰓(エラ)も ちゃんと写ってた!

ちょっとわかりにくいですが
左上のほうに 黒い点々がふたつ
これが 触覚です
右下に エラが。。。


     あぁ!? パイナップルだぁ!!




以前からウミウシの名前はいい加減だからと聞いていましたが
このパイナップルという名前も、実は裏?の名前のようで
本来は、コヤマウミウシというそうです。

山と言われればそう見えるし、パイナップルと言われればそんな風にも見えます。
誰が付けるの、私の名前!プンプン!
勝手な名前を付けられて、怒っているかも。。。

あなたのお名前、なんてぇの♪・・・古すぎ?

スポンサーサイト

<< にょきにょき~ | ホーム | おめでた! >>


コメント

ひとちゃさん、ようこそ!
ポチッっと、有難うございます。嬉しい!
こちらこそ、毎日楽しみにしています^^

さて、磯で生息していて、紫色の液体を出すといえば・・・
アメフラシのことかな?

名前の由来は、海水中で紫色の液をだすと、それが雨雲がたちこめたように広がるところから
「雨降らし」と呼ばれるようになったようです。

ウミウシは、貝殻が縮小したり、消失した生物の総称ですが
近縁にあたるアメフラシは、外見上は退化していますが、
背中の外套膜の内部に、変化した板状の殻を持っています。(勉強になりました^^)

生息地も違い、アメフラシが磯で見られるのに対し、
ウミウシは、水深14~16mくらいに多くみられるようです。

海の中は、水深20mくらいで、光がほとんど届かなくなります。
色は、赤色から段々消えていき、最後に青だけが残り
やがて暗くなってしまいます。
なので、ライトを照らしたときの、ほんとの色を見たときの感動ったら。。。

は~、潜りたくなっちゃった^^

支離滅裂で失礼します。。。


こんばんわ。
いつも訪問ありがとうございます。

パイナップルウミウシですか。
初めてみました。
ウミウシって、なんか、ムラサキの液出すやつですよね?
昔、知らないで、磯でつかまえたのをバケツに入れておいたら、バケツがえらいことなって、仰天しまくったのを覚えてます。

しかし、パイナップルウミウシが地味というより、うしろの岩の派手さにビックリしてしまいました。

応援ランキング、ポチ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。