プロフィール

チー

Author:チー
海が大好き! 海は大きな宇宙!
そこに暮らすサカナや様々な生き物たちから、たくさんのことを教わっています。
あれこれ失敗はするけれど、毎日は楽しいことだらけです(^;^)

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

DS リンク

応援してます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイビング日記 奄美大島 ⑦

2002年6月29日 5本目 倉崎ビーチ (ナイト)

ナイトダイブの講習に付き合って 一緒に潜った
何を見るでもなく勝手していたら
ほんとに生き物を見なかった

ミズダコ
ミズダコ1 奄美大島

ミズダコが岩の上に鎮座していた
ガンガゼが居ない海だ


ミズダコ(2)
ミズダコ2 奄美大島

だれ?


スポンサーサイト

ダイビング日記 奄美大島 ⑥

2002年6月29日 4本目  ハナゴイ

さらに外洋のポイントへ向かった
白砂の海底だ
ベラギンポ見っけ! さっと砂山に逃げ込んでしまった
この辺りのヒレナガハギは大きくて
ヒレを広げた姿が 団扇みたいで可愛い!
ウミウサギガイも見つけた

枝サンゴの群生地があり デバスズメダイがびっしり群れていた
肉厚で元気! 怖いくらいの迫力だ!
枝の隙間には いろんな稚魚たちがいっぱいで忙しそうだ
途中 ヤミスズキもいるよ!と教えてもらったが
見つけられなかった。。。
地味なサカナだけど 私なりにこだわりがあり
次は いつ会えるか 楽しみにしているサカナだ


クロスズメダイyg
アマミスズメyg 奄美大島

クロスズメダイのちびちゃん見っけ!
1cmほどの稚魚が キラキラと岩陰で輝く
写真には 元気に体を翻した姿が写っていた
いっちょまえだね!
オウゴンニジギンポ・・・ここでは数が少ないようだ
イナセギンポとの違いが分かると楽しいぞ~!


ヒレナガスズメダイ
ヒレナガ 奄美大島

ヒレナガスズメダイの黄色と黒が好き!
とてもスマート!

今回ずっと気にしていた 体に黒点があるヒメジはモンツキアカヒメジ!
これですっきり!
オビテンスモドキは?  あそこにメスが!
4cmほどのブルーと黄色のストライプ君は?  キツネウオの一種・・・
とても個性的だから 名前が付いているといいのに。。。
あれがクラカケベラ?  おぅ 初めまして!
シロタスキベラもちらほら見掛けたようだった


DATA 最大ー11.2m 平均ー8.2m 時間68分 水温27.5℃
ホシススキベラyg  ベラギンポ  マナベベラ  ウケクチイットウダイ
ヒレナガハギ  ウミウサギガイ  ホクトベラ♂  ヒレナガスズメダイyg
ヤミスズキ  ムスジコショウダイ  クラカケベラ  ノコギリダイ群  
コブハマサンゴ群生 モンツキアカヒメジ群  デバスズメ群  
オビテンスモドキ♀ キツネウオの1種   シロタスキベラ


ダイビング日記 奄美大島 ⑤

2002年6月29日 3本目  大仏サンゴ


コモンシコロサンゴの山を見に行こう!
1本目より少し遠いポイントへ向かった

少し流れていた
1本目と少し様子が違う海底だ
何に会えるかワクワクしていた


キツネベラyg
キツネベラ 奄美大島

さっそくキツネベラygを見つけた 期待できそう!
尾ビレが印象的なサザナミトサカハギが数匹寄ってきた
パラオのブルーコーナーで 私の吐くエアと戯れていたサカナと似ている
南の海だね!
チョウチョウウオたちも元気そうだぞ!

目の前に ウミヅキチョウチョウウオを見つけたが
その向こうを泳ぐスミツキトノサマダイを仲間に教えてあげようと
ボードに書いていると
ガイドさんから「ブブー!」とNGをもらった
ウミヅキだよ!   違うの!あれあれ!
私はスミツキトノサマダイをトノサマダイと書いたものだから
今度はスミツキと書いて見せてくれた
私は 「これはウミヅキだよ!」と変なやりとりになり
海の中で 意地の張り合いになった
お蔭で少し仲良くなれた

これはバブルコーラル。。。 「OK!」
「バブルコーラルシュリンプは?」  今居ない。。。
「目玉の大きな あのサカナは?」  ヒメタマガシラ
うん! 覚えたよ!
「あの青いブダイは?」  たぶんキビレハゲブダイだと思う。。。
バブルコーラルとミズタマサンゴは どこが違うのでしょう?
・・・やっと見分けられた  とても簡単だった

コモンシコロサンゴの群生は石垣島で見た事があり
その写真はついこの間まで冷蔵庫に貼ってあった
かなり大きな根になっていたが ここのも大きな山のようだ
辺りに見られるサカナたちを観察した


ユカタハタ
ユカタハタ 奄美大島

ハナゴイの紫・・・ ユカタハタの赤・・・ 


ナミスズメダイ
suzume.jpg 奄美大島

スズメダイの体は銀色に輝いている
色に魅せられてシャッターを切った
途中 ちょっとだけサンゴの上に膝を着いていたのを
しっかり仮屋さんに見られていて 後で指摘された
体重は掛けないようにしていたんですが。。。
そういう問題ではないでしょ!・・・ハイ~!


ダテハゼ&コシジロテッポウエビ
共生

ダテハゼとコシジロテッポウエビの共生する様子を見ていると
戻るよ!と合図があった  皆はすでに移動を開始していた
おっと 私も!

流れに逆らって泳いで行くと 面白い光景が目に入った
たまたま仮屋氏も同じ光景を目にして 合図をくれた
クロテナマコが潮の流れに向かって体の3分の2を起こしている
そっと近付いてみたが 周口触手を出していないし
体に触れても少し縮むだけで そのまま体を起こしていた
その姿は意思をもって立っているかのようで 威厳すら感じた
さらに進むと ニセクロナマコも体を起こしていた
しかも そこかしこで ゆらゆらと揺れている・・・
(潮の流れを利用して放精抱卵を行なうようです)

もっとナマコの数が多かったとしたら・・・
見てみたかったな。。。ゾク!


DATA 最大ー17.9m 平均ー13.7m 時間55分 水温27.3℃
コモンシコロサンゴ群生  バブルコーラル  ミズタマサンゴ
ヒメタマガシラ  キビレハゲブダイyg  ヒレグロベラ  キツネベラyg
クロテナマコ  ヒレナガスズメダイ  ユカタハタ  マナベベラ
ハナゴイ  スミツキトノサマダイ  ウミヅキチョウチョウウオ


ダイビング日記 奄美大島 ④

カンモンハタ
カンモンハタあまみ 奄美大島



2002年6月29日2本目 山本SP

ボートに乗り込み 近くのポイントへ向かった
砂地とサンゴ根ということは 生物はあれこれ見られそうだ

ハナヒゲウツボの幼体とされている黒い個体を見ていた
皆が立ち去った後近付くと 体を30cmも伸ばし
体を披露してくれた!
か細くて まるで少女のうなじを見ているようだった・・・うふふ
サンゴの隙間を覗きながら進んでいくと
あるサナカが2匹 私を見てすぐに隠れてしまった
名前が出てこない。。。
最後まで思い出せず 気になってしかたなかった

器材を洗っているときに やっと思い出した 
メギスだ!
あの半透明の紅色の体をしたメギスを
誰かにみせてあげたい!

セジロクマノミの色合いがなんともいい感じ!
スズメダイの種類も多く 全部の名前は
とても言えないだろう
クレナイニセスズメがあちこちで見られた
しっとりとした紫色の体が 優しく揺らいでいた
もう少しゆっくり生物を見られたらと思ったが
皆もそう感じていたようだった
さすが~!!


DATA  最大ー10.6m 平均8.6m 時間58分 水温27.3℃
ハナヒゲウツボ  メギス  キツネウオ  クロヘリイトヒキベラ
シコクスズメダイ  ツノダシ クマノミ  クレナイニセスズメ
カクレクマノミ  セジロクマノミ  ニセネッタイスズメダイ
レモンスズメダイ群  コガネスズメダイ  メガネスズメダイyg
アマミスズメダイyg  ケサガケベラ  ホクトベラ
ベニハゼ  キイロウミウシ  ユキヤマウミウシ
テングハギモドキ  ハタタテシノビハゼ  タテジマキンチャクダイ
ヒレナガスズメダイyg  アオギハゼ  アミメチョウチョウウオ
カンモンハタ


ダイビング日記 奄美大島 ③

2002年6月29日 1本目  倉崎ビーチ

1時間おきに目が覚めていたけど 体は寝てたよね モゾモゾ!
起きれたら・・・と 早朝ダイブをお願いしてあった
5時半に起きて支度をし 器材置き場で器材を揃え
仮屋氏を起こしにいった
彼は私達の部屋の前に立って ドアを叩こうか考えている風だった
「あ!お願いします」
浜に下りて行き セッティングを済ませた
あれ?・・・二人だけ?・・・
ハイ。。。  かりちゃん まだ起きてないみたいデス


目覚めの1本!のんびりいこう!
静かな海に 生き物たちは少しずつ数を増やしていった
サカナたちも1日の始まりを感じているのだろうか

昨日よりキツネウオが多い
キツネウオって 早起きなのかな・・・
砂底にハリセンボンが寝ていた
ゆっくりしててね!


コガラシエビ
コガラシ2 奄美大島

あっ これ!と仮屋氏が何か見つけた
私の目はまだ起きてないらしく 生き物が見当たらない
ボードには 「なかなか見られない」 と書いてある
こりゃ大変!とカメラを覗いてみると
サンゴの隙間に 枯葉のようなものが揺らいでいて
目らしきものが光った

私は 上下左右も分からぬままシャッターを切った!
コガラシエビが 怪しいポーズをして写っていた
今回撮ったなかで この写真が1番の出来だった(?)
すっきりと目が覚めて サカナたちの様子を楽しんだ

あっという間の1時間が過ぎ 浅瀬に戻ってくると 
曇り空から太陽が目を覚まし顔を出した
光のカーテンが 白砂の海中に揺らぐ・・・この瞬間がたまらない!
私は砂の布団に仰向けになり
光のシャワーを浴びながら 伸びをした


DATA 最大ー13.6m 平均ー7.4m 時間61分 水温27,4℃


| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。